車検のお役立ちコラム

【2022年】ベンツの車検費用を安くするには?費用を抑える方法とおすすめ3社

公開日:
2022.8.30
更新日:

ベンツの車検費用は、重量1.5t以下の車両の場合、法定費用は合計46,210円。この法定費用はどこで車検を受けても変わりませんが、車検基本料と整備費用は車検を実施する店舗によって変わります。
そのためベンツの車検費用を抑えるためには、適切な店舗選びが重要になります。
この記事では、店舗選びのポイントとおすすめの車検業者を3社ご紹介します。

目次

1.車検費用は安くできる?

車検の時に必要となる費用は、「法定費用」「基本料金」「整備費用」の3つに分けられます。
まずはこれらがどういったものなのか確認してみましょう。

車検費用は安くできる?

1-1.車検に掛かる費用は「法定費用」「基本料金」「整備費用」の3つ

「法定費用」とは、国に支払う費用です。
自動車重量税や自賠責保険料、印紙代がこれにあたります。この法定費用は、車の排気量や重さなどによって異なります。

「基本料金」とは、車検を依頼する業者に支払う費用です。
基本料には検査料や技術料、代行手数料など、車検を行う上で最低限必要な内容が含まれています。
この費用は業者がそれぞれ、自由に設定できるものですので、この基本料金を比較することで、車検費用全体を抑えることが可能となります。

「整備費用」とは、車検を通す上で実施する整備の費用です。
もし車が何もしなくても車検に通る状態であればこの費用は発生しません。整備費用も、業者によって差が出るポイントになります。

1-2.ベンツの法定費用の内訳

ベンツにはさまざまなモデルがあります。車検費用のうち、法定費用は車両重量によって異なります。ここではベンツの代表的な車種が含まれる、1.5t以下と2.0t以下の法定費用を見ていきます。

  • <1.5t以下>
    自動車重量税 24,600円
    自賠責保険料 20,010円
    印紙代 1,600円※店舗や車両によって異なる場合あり
    法定費用合計 46,210円
  • <2.0t以下>
    自動車重量税 32,800円
    自賠責保険料 20,010円
    印紙代 1,600円※店舗や車両によって異なる場合あり
    法定費用合計 54,410円

2.ベンツの車検費用相場

法定費用は業者に関わらず必要な金額は変わりませんが、基本料金と整備費用は業者によって金額が違ってきます。
そこで、業者ごとの一般的な相場と、それぞれの業者で車検を受けることによって、どんなメリットがあるのかをまとめてみました。

2-1.カーディーラー

費用相場:約9万円〜

  • 取り扱いメーカーの車両の整備経験や知識が豊富
  • 基本料金や整備費用は高め
  • そのぶん、保証やアフターサービスが充実している場合が多い

2-2.車検専門店

費用相場:約6万円〜

  • 基本料金は安めに抑えていることが多い
  • 幅広いメーカー、車種に対応している
  • 指定整備工場を保有していれば、短時間での対応も可能

2-3.ガソリンスタンド

費用相場:約6万円〜

  • 基本料金はとても安く抑えていることが多い
  • 幅広いメーカー、車種に対応している
  • 指定整備工場を保有していれば、短時間での対応も可能
  • 燃料代の割引など、ユニークな特典を受けられるケースが多い

2-4.中古車販売店・整備工場

費用相場:約7万円〜

  • 店舗によって、料金やサービス、技術力の差が大きい
  • 少人数体制の店舗が多く、整備士さんと直接相談ができたりする
  • 近所の店舗なら、車検後も気軽に相談ができる

3.車検費用を抑える方法は?

基本料金と整備費用は、業者によって差が出る部分です。
しかし安ければ良いというものではありません。支払う金額と、受けられるサービスがつり合っているかどうか、ということも重要なポイントとなります。
車検を通すだけではなく、安心して車に乗り続けることができるのかどうか、その業者に依頼をすることでどんな特典、メリットが受けられるのかなど、さまざまな条件を検討した上で、その時に支払う金額が妥当なものなのかどうか、考えてみてください。

車検業者を選ぶポイントイメージ

3-1.数社から見積もりを取る

車検費用を安く抑えるためには、相見積もりを取ることをおすすめします。
合計金額はもちろん、どんな点検を行ってくれるのかなどをしっかりと比較して、総合的にお得なところを探してみましょう。

3-2.ディーラー以外の業者で受ける

ディーラーは法定24ヶ月点検個所以外の場所も見るなど、丁寧な点検や整備を行ってくれることが多く、そのぶん基本料金や整備費用が高めとなりがちです。

3-3.日ごろからメンテナンスを行っておく

車の状態が悪ければ、整備する個所や部品交換作業が多くなり、結果として高額となってしまうことがあります。

3-4.特典やキャンペーンなどを利用する

業者によってさまざまな割り引きや特典を用意しているところがあります。
そういったものが利用しやすいものなのかどうか、ということも重要なポイントとなります。

4.ベンツの車検を受けるならここ! おすすめ車検業者3社

それではおすすめしたい車検業者を3社、あげてみたいと思います。
それぞれの特長を比較しながら、最もお得と思われるところを探してみてください。

4-1.ニコニコ車検

ニコニコ車検

事前点検 あり
点検項目 法定点検56項目を含んだ全112項目
工場 指定工場(店舗により認証工場)
アフターフォロー
  • 車検後2年間の整備保証
  • 車検後6ヶ月、18ヶ月点検無料
割引
  • ガソリン2年間5円/L引き
  • Webを見てのメール・電話による見積もりで1,000円引き
  • 仲町台、センター南、寒川、平塚、小田原、新百合ヶ丘、堀之内、所沢の計8店舗があります。
  • 輸入車の基本料金は税込み22,000円。
  • 車検時のオイル交換が無料となっているほか、半年ごとの定期点検時のオイル交換も無料です。
  • 事前点検を受けられるので、どのような整備作業が必要となるのか分かりやすいです。
  • 車検後は2年間の保証付き。6ヶ月・18ヶ月点検も無料となっています。
  • ガソリン2年間5円/L引き(堀之内、新百合ヶ丘店のみ2円/L引き・会員割引と併用可)!※半年ごとの更新が必要
  • タイヤローテーションが車検、12ヶ月点検時に無料です。

地域最安値保証 ニコニコ車検

4-2.さくら車検 外車館

事前点検 あり
点検項目
  • 安心点検+法定点検45項目(ベーシックプラン)
  • 安心点検+法定点検を含んだ80項目(セーフティプラン)
工場 指定工場
アフターフォロー
  • 3ヶ月または3,000kmまでの整備保証(ベーシックプラン)
  • 6ヶ月または5,000kmまでの整備保証(セーフティプラン)
割引
  • リピート割引5,000円オフ(2回目以降)
  • 法人割引5,000円オフ(2台以上所有)
  • プランには基本的な点検を行うベーシックプランと、より安心なセーフティプランがあります。
  • 輸入車専用の工具やコンピュータ診断機などを各種揃えていることで、世界各国の車に対応しています。
  • 車検切れの車にも完全対応。1台ごとに仮ナンバーを取得するか、積載車を用意して迅速に引き取りに伺います。
  • 対応エリア内の出張引き取りと納車は無料です。

4-3.イエローハット

事前点検 あり
点検項目 法定点検57項目、日常点検15項目、その他約30項目
工場 指定工場(店舗により認証工場)
アフターフォロー 6ヶ月の点検無料
割引 早期予約割引/初回割引/リピート割引/即決割引
  • 土日や祝日に車検を受けられるのは指定工場(民間車検場)のみ。イエローハットは全国700店舗以上のうち、指定工場は168店舗あります。
  • ・早さと安心を提供する『60分車検』を行っている店舗もあります。
  • 事前にご予約いただくと、無料で代車のご用意ができます。
  • 修理回数無制限、累計修理額30万円までのイエローハットプライムワランティという年間のオプション長期保証も用意しています。
  • 店舗によって車検の料金や割引額が違うほか、輸入車の車検や整備を行っていない店舗が一部ありますので、ホームページをご確認ください。

5.まとめ

今回はベンツの車検費用を安く抑える方法をご紹介しました。
車検に掛かる費用のうち、法定費用は決まっていますが、車検基本料金と整備費用は業者ごとによって異なります。
また、その業者で車検を受けたことによって得られる保証の内容や、特典や割引にも違いがあります。
そのため、ご自身の車の使い方や予算に合わせて、トータルで考えたときに最もお得になる車検業者を選んでみてください。

車検業者イメージ

6.よくある質問

  1. Q1.車検に掛かる費用にはどんなものがあるの?

    車検に掛かる費用は「法定費用」「基本料金」「整備費用」の3つに分けられます。
    「法定費用」とは、国に支払う費用で、車の排気量や重さなどによって異なります。
    「基本料金」とは、車検を依頼する業者に支払う費用です。基本料には検査料や技術料、代行手数料など、車検を行う上で最低限必要な内容が含まれています。
    「整備費用」とは、車検を通す上で実施する整備の費用です。

  2. Q2.ベンツの車検費用はどのくらい掛かるの?

    車検をお願いする業者によっても異なりますが、カーディーラーなら合計で約9万円〜、となります。
    しかし車検専門店やガソリンスタンドでは約6万円〜、整備工場では約7万円〜、というのが相場です。
    ただし、作業内容や保証などにも違いがありますので、一概に安ければいい、ということでもありません。
    どんな作業をしてもらえるのか、どんな保証内容となっているのかまで、しっかりと確認をしておくことが必要です。

  3. Q3.車検費用を抑えるためにはどうしたらいいの?

    なるべく安く車検を終えたい、という場合には、基本料金が安い業者に作業をお願いする、というのが第一となります。
    ただ、業者によってはガソリン代の割引や、車検後の定期点検が無料になるなどといった特典を設けているところもあって、車検後に必要となる費用を抑えることができる場合もあります。
    そのため、その時だけの費用ではなく、トータルで安くなっているかどうか、ということを検討することも大切です。

この記事の執筆者
自動車専門ライター 高田 林太郎
自動車雑誌の編集者として出版社に勤務したのちフリーランスライターとして独立。国産・輸入車の紹介からカスタマイズ、自動車周辺企業への取材など、自動車業界の現場にてさまざまに活動中。