対応車種について

国産車はもちろん輸入車・EV車もお任せ

世界のメーカーイメージ

一般的に整備が難しいとされる、輸入車やエコカー(HV、EV、PHV、FCV)も、28年間のノウハウを活かし高い技術で実施します。輸入車やエコカーのコンピューター診断も可能。警告灯のトラブルについてもご相談ください。
※並行輸入車は車検ができない場合がございます。予めご了承ください。

輸入車・エコカーの車検費用事例

輸入車の場合BMW等

BMWイメージ

最終支払額68,210円(税込)

車検費用の内訳(税込)
車検基本料 22,000円※1
法定費用 自賠責保険 20,010円
重量税 24,600円
印紙代 1,600円※2
エコカーの場合トヨタ プリウス等

トヨタ プリウスイメージ

最終支払額32,610円~(税込)

車検費用の内訳(税込)
車検基本料 11,000円※1
法定費用 自賠責保険 20,010円
重量税 0~15,000円※3
印紙代 1,600円※2
  1. ※1 外車・輸入車の場合、車検基本料が一律22,000円(税込)となります。
  2. ※2 上記の「軽自動車」「エコカー対象車」「小型自動車」「中型自動車」「大型自動車」表内の印紙代は、指定整備工場で車検を行う事を想定した金額になっております。
  3. ※3 車種によって重量税が異なります。
  • 表示料金は、令和3年4月1日の自賠責保険料金改定後の価格です。
  • 法定費用等の変更により金額が異なる場合があります。
  • エコカー減税対象車の場合は、上記金額より法定費用が安くなります。
  • 初度登録から13年以上経過したお車の重量税は上記の額とは異なります。
  • お客様のご依頼整備・不具合整備は別料金となります。
  • 法定費用に含まれる「印紙代」は店舗によって異なります。
  • 1ナンバー(貨物)・8ナンバー(特殊用途車)はお受けできません
  • 一部高級車・輸入車・低年式車など、対応のできない車種や追加料金が発生する車種がございます。
  • 印紙代は2021年10月以降に車検を実施した場合の料金です。

最高ランクの指定整備工場を完備

国土交通省が認めた、安心の設備と技術を持つ整備工場「指定整備工場」を保有しています。さらには、各店舗に国家資格を持つ整備士が365日常駐しています。112項目もの検査をミスなく実施しさせていただきます。

整備工場イメージ

車検一筋28年14万台を超える実績

地域の皆様に支えられて28年、2022年1月末時点で、146,188台の車検実績を誇る車検ブランドに成長させていただきました。
お客さまにとってより便利な車検、より安心できる車検を追い求め続け、2011年には中小企業庁の「経営革新企業」にも認定されています。
ニコニコ車検では、長年に及ぶ実績のなかで培った安心・安全へのノウハウをすべてのお車に提供させて頂きます。

ニコニコ車検は地域最低価格宣言

全ての国産車が車検基本料
10,000(税込価格11,000円)

ニコニコ車検は地域最低価格宣言!!

車検料金表
車両区分 車検基本料 法定費用 費用合計

軽自動車イメージ

軽自動車

11,000円(税込) 27,830円 38,830円(税込)

エコカー対象車イメージ

エコカー対象車

21,610~36,610円 32,610~47,610円(税込)

小型自動車イメージ

小型自動車

38,010円 49,010円(税込)

中型自動車イメージ

中型自動車

46,210円 57,210円(税込)

大型自動車イメージ

大型自動車

54,410円 65,410円(税込)

※輸入車・逆輸入車の場合、車検基本料が一律22,000円(税込)となります。